忍者ブログ

イメージ戦略か


イメージ戦略がうまく言った企業の記事が、2014年8月22日の日本経済新聞の朝刊に載っていました。“発想変え需要を開拓 追い込まれる農業・伝統業”という見出しの記事です。その記事の中に、今治タオルが出てきます。どのようなイメージを植え付けたかといいますと、『今治タオル=高品質』。きっかけは、2001年。国内タオル業界は、価格の安い中国産にセーフガードをかけるよう政府に求めたが、発動が見送られたこと。そこで追い込まれてしまった今治は、メーカー百数十社が結束し、「今治タオル」を地域ブランドとして発信し直したのだそうです。
百数十社の結束って凄いですよね。今治が一つになって今の地位を築いたのです。その今治タオルのように、農業や伝統業も開拓、発想の転換が出来るかが分岐点だと記事は締めくくられています。千葉県香取市の会社。ニンジンをそのまま出荷するより、千切りにして出荷すると、そのまま出荷するより5割高く売れるのだそうです。


ポーターの財布の通販ショップ
吉田カバン スモーキー
吉田カバン ウォレット

ボルボのエステート販売
VOLVOステーションワゴン
VOLVO 擦り傷
パーツ交換 VOLVO
240シリーズ VOLVO
PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

カテゴリー

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フリーエリア